宅建試験の奇問難問珍問

スポンサーリンク
宅建士

1階のバルコニー【宅建試験過去問の奇問・難問・珍問集】

平成25年度(2013年)問17イ「建築基準法」 3階建ての共同住宅の各階のバルコニーには、安全上必要な高さが1.1m以上の手すり壁、さく又は金網を設けなければならない。
宅建士

雪下ろしの慣習【宅建試験過去問の奇問・難問・珍問集】

平成19年度(2007年)問50肢3「建物」 積雪荷重の計算に当たり、雪下ろしを行う慣習のある地方においては、その地方における垂直積雪量が1mを超える場合においても、積雪荷重は、雪下ろしの実況に応じて垂直積雪量を1mまで減らして計算することができる。
宅建士

モルタルの作り方【宅建試験過去問の奇問・難問・珍問集】

平成26年度(2014年)問50肢2「建物」 モルタルは、一般に水、セメント及び砂利を練り混ぜたものである。
宅建士

個室付浴場【宅建試験過去問の奇問・難問・珍問集】

平成6年度(1994年)問23肢3「用途制限」 近隣商業地域内においては、床面積の合計が200㎡以下の個室付浴場であれば、建築することができる。
宅建士

日本語検定【宅建試験過去問の奇問・難問・珍問集】

平成23年度(2011年)問42ウ「案内所」 宅地建物取引業者A社(甲県知事免許)がマンション(100戸)を分譲する場合で、A社がマンションの分譲のために案内所を乙県に設置する場合には、業務を開始する日の10日前までに、乙県知事に法第50条第2項の規定に基づく業務を行う場所の届出を行わなければならない。
宅建士

内閣総理大臣と協議【宅建試験過去問の奇問・難問・珍問集】

平成24年度(2012年)問44肢4「監督処分」 国土交通大臣は、宅地建物取引業者C社(国土交通大臣免許)が宅地建物取引業法第37条に規定する書面の交付をしていなかったことを理由に、C社に対して業務停止処分をしようとするときは、あらかじめ、内閣総理大臣に協議しなければならない。
宅建士

登場人物多すぎ【宅建試験過去問の奇問・難問・珍問集】

平成8年度(1996年)問10「相続」 居住用建物を所有するAが死亡した場合の相続に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。
宅建士

温泉法【宅建試験過去問の奇問・難問・珍問集】

平成22年度(2010年)問47肢4「景品表示法」 温泉法による温泉が付いたマンションであることを表示する場合、それが温泉に加温したものである場合であっても、その旨は明示せずに表示してもよい。
宅建士

宅建試験過去問の奇問・難問・珍問集

宅建試験で過去に出題された、難問や奇問を紹介しています!宅建試験に登場する14人のキチ○イ営業/宅建史上、最も文字数が少ない問題と多い問題/温泉法/登場人物多すぎ/雪下ろしの慣習/1階のバルコニー/内閣総理大臣と協議/日本語検定/個室付き
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました