おとり物件・おとり広告

スポンサーリンク
おとり物件-おとり広告不動産屋の隠語集
おとり物件-おとり広告

おとり物件・おとり広告とは?

実在しない夢のような物件、その物件の広告のこと。

 

おとり物件・おとり広告は、「実在しない架空の物件」「実在するが既に売却済み」「実在するが他人の物件」「実在するが虚偽記載がある」「販売する気の無い物件」などのおとり物件を広告することがおとり広告です。

おとり物件・おとり広告は、営業マンの

不動産屋
不動産屋

申し訳ございませ~ん。たった今他で決まっちゃったんですよ~w

とセットになります。その後、

不動産屋
不動産屋

他にもっといい物件がありますよ~ww

とコンボを決めてきます。来店してしまったお客さんは、『せっかく来たんだし、じゃあ他の物件を紹介してもらおうか』となって、一丁上がりです。おとり物件・おとり広告の効果は上記の通りですが、当然、法律違反です。公正取引委員会にチンコロしときましょう。

スポンサーリンク

ちなみに私も昔、「実在するが虚偽記載がある」タイプのおとり広告に引っ掛かってしまった事があります。【浅草駅徒歩5分・7万円・オートロック付きマンション】を、自宅から1時間の悪徳不動産屋へ見学に行きました。不動産屋に着くと…

不動産屋
不動産屋

この家賃は最初3ヶ月間だけのお得な特別キャンペーンなんですよ~w

不動産屋
不動産屋

書いてないwけどww4ヶ月目から家賃10万円っすwww

虚偽記載じゃないっすよ?w書いてないだけwwwwww

不動産屋
不動産屋

え、じゃあ帰るってw待ってよお客さんw実は他にこんな良物件があるんですわwwwwwwwwどう?wどう?www

馬鹿
馬鹿

流石に草

ほなまた


利根川理論タイプ
のおとり広告でした。
『家賃は7万円……!7万円で募集しているが……今回まだ…その金額のまま住めるとまでは記載していない。そのことを……どうか思い出していただきたい。つまり……我々がその気になれば…お得な特別キャンペーン期間という事にして…その後の家賃は10万円20万円ということも…可能だろう……ということ……!』


皆さんもおとり広告・おとり物件にはお気を付けください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました