宅建試験

スポンサーリンク
宅建士

宅建試験に登場する14人のキチ○イ営業【宅建試験過去問の奇問・難問・珍問集】

平成8年度(1996年)問40肢2「業務上の規制」 周辺の土地の価格が、最近5年間で2.5倍になっていますから、この土地の価格も今後5年間に2倍程度になることは確実です。
宅建士

宅建史上、最も文字数が少ない問題と多い問題【宅建試験過去問の奇問・難問・珍問集】

宅建史上最も文字数が少なかった問題と、最も文字数が多かった問題を紹介します。
宅建士

誤植を疑うほどに簡単な用途地域問題【宅建試験過去問の奇問・難問・珍問集】

平成14年度(2002年)問20「用途制限」建築基準法第48条に規定する用途規制に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。ただし、特定行政庁の許可は考慮しないものとする。① 第一種低層住居専用地域内では、小学校は建築できるが、
C宅コラム

【宅建2020】10月受験組と12月受験組、どちらが有利なのか?

早期の資格取得を迫られている皆様へ/10月試験が有利な説/12月試験、中止になる可能性ある説/12月だと他の試験が受けれん説/12月ではモチベが持たん説/フツーに12月試験とか嫌説/有馬記念が気になってダメ説/12月試験が有利な説/勉強
宅建士

便所の知識【宅建試験過去問の奇問・難問・珍問集】

平成17年度(2005年)問21肢4「建築基準法」 便所には、採光及び換気のため直接外気に接する窓を設けなければならないが、水洗便所で、これに代わる設備をした場合においては、必ずしも設ける必要はない。
宅建士

宅建史上一番簡単な相続問題【宅建試験過去問の奇問・難問・珍問集】

平成26年度(2014年)問10「相続」 Aには、父のみを同じくする兄Bと、両親を同じくする弟C及び弟Dがいたが、C及びDは、Aより先に死亡した。Aの両親は既に死亡しており、Aには内縁の妻Eがいるが、子はいない。Cには子F及び子Gが、Dには子Hがいる。Aが、平成26年8月1日に遺言を残さずに死亡した場合の相続
宅建士

組合契約【宅建試験過去問の奇問・難問・珍問集】

平成16年度(2004年)問11「組合契約」 AはBと、それぞれ1,000万円ずつ出資して、共同で事業を営むことを目的として民法上の組合契約を締結した。この場合、民法の規定によれば、正しいものはどれか。
宅建士

裏口を常に監視するA【宅建試験過去問の奇問・難問・珍問集】

平成27年度(2015年)問5肢1「占有」 甲建物の所有者Aが、甲建物の隣家に居住し、甲建物の裏口を常に監視して第三者の侵入を制止していたとしても、甲建物に錠をかけてその鍵を所持しない限り、Aが甲建物を占有しているとはいえない。
宅建士

木は乾くと強くなる【宅建試験過去問の奇問・難問・珍問集】

平成22年度(2010年)問50肢3「建物に関する知識」 木材の強度は、含水率が大きい状態のほうが小さくなる。
宅建士

サイコパス三銃士【宅建試験過去問の奇問・難問・珍問集】

平成30年度(2018年)問3肢2「停止条件」 AとBとの間で、5か月後に実施される試験にBが合格したときにはA所有の甲建物をBに贈与する旨を書面で約した。本件約定の後、Aの放火により甲建物が滅失し、その後にBが本件試験に合格した場合、AはBに対して損害賠償責任を負う。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました