木は乾くと強くなる【宅建試験過去問の奇問・難問・珍問集】

スポンサーリンク
木は乾くと強くなる宅建士

木は乾くと強くなる

平成22年度(2010年)問50肢3「建物に関する知識」
木材の強度は、含水率が大きい状態のほうが小さくなる。
Co., Ltd.
Co., Ltd.

もはや一般常識どころか、想像するだけで分かる問題ですネ。

CO.,.Ltd.
CO.,.Ltd.

川に落ちてるびちゃびちゃの木とからっからの木、どっちが固いかは想像に難くありません。

Co., Ltd.
Co., Ltd.

こんな超サービス問題ですが、それでも間違っちゃう人がおるんですな。こんな問題落とさないようにしましょう。はい、ご一緒に!

Co., Ltd.
Co., Ltd.

『木は乾くと強くなる』!!

Co., Ltd.
Co., Ltd.

何度も出題されている、頻出問題ですヨ!では過去問を見てみましょう。

平成10年度(1998年)問48肢3「建物に関する知識」
建築物に用いる木材は、気乾状態に比べて湿潤状態の方が強度が大きくなるが、湿潤状態では、しろあり等の虫害や腐朽薗の害を受けやすい。
Co., Ltd.
Co., Ltd.

『木は乾くと強くなる』!!

CO.,.Ltd.
CO.,.Ltd.

…という事で「湿潤状態の方が強度が大きくなる」の部分が誤りですね。

平成15年度(2002年)問50肢2「建物に関する知識」
木材の強度は、含水率が大きい状態の方が大きくなるため、建築物に使用する際には、その含水率を確認することが好ましい。
Co., Ltd.
Co., Ltd.

『木は乾くと強くなる』!!

CO.,.Ltd.
CO.,.Ltd.

…という事で「木材の強度は、含水率が大きい状態の方が大きくなる」

の部分が誤りですね。

平成24年度(2012年)問50肢2「建物に関する知識」
木造建物の寿命は、木材の乾燥状態や防虫対策などの影響を受ける。
Co., Ltd.
Co., Ltd.

『木はアンパンマン』!!

CO.,.Ltd.
CO.,.Ltd.

…という事で木造建物とアンパンマンは乾燥状態の影響を受けますよね。

平成27年度(2015年)問50肢1「建物に関する知識」
木造は湿気に強い構造であり、地盤面からの基礎の立上がりをとる必要はない。
Co., Ltd.
Co., Ltd.

木造は湿気に強い構造?ネタか?

平成29年度(2017年)問50肢1「建物に関する知識」
木材の強度は、含水率が小さい状態の方が低くなる。
Co., Ltd.
Co., Ltd.

どんだけ木の強度問題出すん?

平成30年度(2018年)問50肢1「建物に関する知識」
木造建物を造る際には、強度や耐久性において、できるだけ乾燥している木材を使用するのが好ましい。
Co., Ltd.
Co., Ltd.

おいおい2年連続かよ


CO.,Ltd.
CO.,Ltd.

…という事で、近年は特に頻出問題ですから、間違えないように

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました