宅建史上一番簡単な相続問題【宅建試験過去問の奇問・難問・珍問集】

スポンサーリンク
宅建史上一番簡単な相続問題宅建士

宅建史上一番簡単な相続問題

平成26年度(2014年)問10「相続」
Aには、父のみを同じくする兄Bと、両親を同じくする弟C及び弟Dがいたが、C及びDは、Aより先に死亡した。Aの両親は既に死亡しており、Aには内縁の妻Eがいるが、子はいない。Cには子F及び子Gが、Dには子Hがいる。Aが、平成26年8月1日に遺言を残さずに死亡した場合の相続財産の法定相続分として、民法の規定によれば、正しいものはどれか。
CO.,Ltd.
CO.,Ltd.

宅建史上一番簡単な相続問題です。腹違いの兄Bや、内縁の妻Eが出てきますが、こいつら無視で解けちゃいます!

Co., Ltd.
Co., Ltd.

内縁の妻だから…、第一順位は…、この時の相続分は2分の…なんて考える必要なし!

代襲相続

CO.,.Ltd.
CO.,.Ltd.

上の図の「代襲される人・する人で、相続割合は変わらない」の知識一つで正解までたどり着けます。1つの選択肢が解ける、ではありません。この初歩的な1つの知識だけで1点が取れてしまったのです!

CO.,.Ltd.
CO.,.Ltd.

まずは関係図を書きましょう↓

2014年宅建相続問題

①Eが2分の1、Bが6分の1、Fが9分の1、Gが9分の1、Hが9分の1である。
②Bが3分の1、Fが9分の2、Gが9分の2、Hが9分の2である。
③Bが5分の1、Fが5分の1、Gが5分の1、Hが5分の2である。
④Bが5分の1、Fが15分の4、Gが15分の4、Hが15分の4である。
CO.,Ltd.
CO.,Ltd.

まず選択肢をよく見てください。全選択肢で取り分の数字こそ違えど、F・G・Hは全ての選択肢に出てきています。4つの選択肢のどれか1つが正解なので、F・G・Hが相続人なのは確定です。

CO.,Ltd.
CO.,Ltd.

…そして①②④の選択肢では、F・G・Hの取り分が全員同じ。③のみF・Gが5分の1、Hが5分の2と取り分が違います↓

①Fが9分の1、Gが9分の1、Hが9分の1である。
②Fが9分の2、Gが9分の2、Hが9分の2である。
③Fが5分の1、Gが5分の1、Hが5分の2である。
④Fが15分の4、Gが15分の4、Hが15分の4である。
CO.,Ltd.
CO.,Ltd.

Aの弟C・Dの2人はどちらも「両親が同じ」「Aの弟」「Aより先に死亡」と、子供の数以外は全く同じ境遇の2人です。

Co., Ltd.
Co., Ltd.

子供の数が違うCとDからの代襲相続なのですから、F・G・Hで同じ取り分はありえません。したがって答えは③。簡単すぎませんかねぇ…。

Co., Ltd.
Co., Ltd.

本当は「内縁関係の相続権」「父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分」などの知識を問いたかったのでしょう…。

CO.,Ltd.
CO.,Ltd.

ちなみに内縁の妻Eには相続権はありません。腹違いの兄Bは、兄弟CDの取り分の2分の1です。つまりB=1、C=2、D=2、

CO.,Ltd.
CO.,Ltd.

代襲相続を加味すると、B=1、F=1、G=1、H=2となりますので、答えは③。…ですが、こんな知識は全く必要ありませんでしたね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました